大切な水

人間が生きる上で絶対必要なものはなんでしょうか。お金や食べ物住むところや着るものと答える人が大半でしょうがもっと忘れてはいけないものがあります。それは「水」です。なぜ水がそれほど大切なのでしょうか。人間の体は半分以上が水で形成されています。すなわち毎日2リットルほど水を飲んでいなければ人間を形成する成分が足りなくなりやがて橋にいたってしまうのです。

 

それほど大切な水が東日本大震災の福島第一原発事故によって放射能という見えない恐怖によって安全が保たれなくなってきています。人間が生きる上で大切な水が放射能によって安全が保たれなくなってきているということは世界中が不安視していることです。

 

毎日飲む水の安全が保たれなくなることほど怖いことはありません。そのため日本政府も一日も早く水の安全が保たれるように必死になって努力しています。私たちもいち早く放射能という恐怖によって水の安全が保たれなくなるという日を抜け出せる日を信じてともに頑張っていきたいものです。

 

水の安全が保たれている日常生活というのはとても有難いことなのです。蛇口をひねれば水が出てくるという生活がおくれていることに感謝しながら日々の食事を取りたいものですね。みなさんもぜひとも一度そうやって生活していただければ幸いです。

水の世界の安全基準、どう思いますか。

2011年。世界中の目は日本の福島県に集まりました。それはなぜか。答えは簡単。東日本大震災による福島第一原発事故によって多くの人が被害にあったからです。さて、福島第一原発の放射能問題は食べ物ばかりに目が行きがちですが私たちが日頃接している「水」にも放射能汚染をされていないかどうかという目が向けられています。水の世界の安全基準はどんどん厳しくなってきています。

 

みずのせかいの安全基準は日本においても取り入れられており日本各地に存在する地方公共団体は水道事業者として水の安全が守られているかどうかを確認しています。私の中では水の世界の安全基準も二本の安全基準もどちらも厳しすぎてもう少し緩めることができないのかなと思ってしまいますがやはり世の中には厳しいものの目で世界を観ている人がいるので私のような考えはすぐに廃れてしまうことでしょう。

 

みなさんは水の世界の安全基準についてどうお考えでしょうか。自分の意見を持っていないよという人は今すぐ身につけていただきたく思います。これからの社会自分の意見も持たずに生きて行くことは無理なことですから。水の世界の安全基準は厳しすぎるのか妥当なのか一度議論してみるのも良いのではないでしょうか。

水の検査

私が小学生の頃保健所から「飲料水水質検査キット」というものを借りて夏休みの自由研究をしたことがあります。なんで飲料水の水質など検査したのだろうと今は思いますが当時はそれがかっこいいと思っていたのでしょう、そのため訳もわからず水質検査キットとにらめっこしながら飲料水の水質や成分構成を調べていました。これは個人で行った水質検査ですが保健所や学校の保健室、会社の医務室などでも毎朝飲料水の水質検査をしているところがあります。

 

なぜそのようなことをするのでしょうか。答えは簡単、飲料水は体の中に入るものだからです。もしもその中に有害物質や残留塩素が多すぎた場合人体に何らかの健康被害を与える可能性があるから飲料水の検査は大切なのです。検査キットも私が使ったような簡単なものから数値化してくれるぐらい詳しく調べられるものもあります。使う用途に応じて使い分けていけばよいのではないでしょうか。

 

飲料水の検査はなかなか個人で行うということは少ないことと思いますがみなさんもぜひとも一度やっていただきたいとおもいます。日本の水と世界の水を比較できたら最高なのですがさすがにそこまで手は回らないでしょう。それでもペットボトル入りの水と水道水を比較するだけでもよいのではないでしょうか。